漢方でなんとかしたい!

中医学講師30年。漢方や中華圏の文化とか書きます。

身体の除湿  身体を軽くする台湾の薬膳スープ 四神湯

天人相応で湿気の多いこの時期には人の体の中にも湿が溜まりやすくなります。湿は目には見えない湿気で、外が蒸し暑いとついうっかりの冷たいものの過飲によりどんどん胃の中に入っていき溜まっつていきます。お腹が張ってきて、身体は重だるくなり、頭はボ…

松江堂薬局オンラインショップ

中薬香袋や酸梅湯のご注文が多くありネット通販を始めることにしました。辟瘟香囊、酸梅湯が買えます。是非ご利用くださいkameido-kanpou.raku-uru.jp

一粒のライチは三つの火(一颗荔枝三把火)

楊貴妃が好きだったライチ。高級中華レストランに行っても最後のデザートに氷に載って一粒でてきます。一骑红尘妃子笑 无人知是荔枝来(唐代の詩人「杜牧」)妃子とは楊貴妃のこと。玄宋皇帝が楊貴妃のために四川から長安の都まで早馬でライチを運ばせ、ライ…

コロナ後遺症 中医学ではどう考える

www3.nhk.or.jpカゼなどで熱が出て治った後もフラフラする経験は誰にもあると思いますが、新型コロナウイルスのような強い邪気の場合には抵抗力にあたる正気もかなり消耗しますので、陰性になった後でも体は「焼け野原」の状態になってしまいますのでひどい…

ブログ読者の方からコメントを頂きましたが、レスの仕方がわからないので

ブログ読者の方から副作用ではというご感想をいただきました。カルボプラチン・パクリタキセル療法を4回行った後にイミフィンジによる治療を現在受けています。気管支拡張剤の他に泌尿器科、眼科からも投薬治療を受けていますので、副作用はあると思います。…

口が塩辛い

肺がんの患者さんからの訴えなんですがこの二週間、口の中が塩辛い味がして食欲が湧かないとのことです。中医学には五味理論があります。辛、甘、酸、苦、鹹の味覚のことを言います。辛味はピリ辛、鹹味は塩辛いです。それぞれの味には作用があり、苦味は清…

テキスト「中医学演習」

漢方や中医学の理論を理解しないで処方を使うということは無理なことです。また現場では専門にばかり目が行き基礎は蔑ろにされています。しかしそれでは応用が効かずマニュアル通りになります。ということで一年かけて基礎の教科書を作りました。基礎理論が…

辟瘟香囊の使い方

辟瘟香囊疫病予防で中国で古くから用いられていた中薬香袋です。携帯するのもいいし、部屋で香らすのもいいです。うちのスタッフが考えたのは、ビニール袋の中にマスクと一緒に入れて保管しておくという方法です。これだとマスクに匂いが移り、マスクをして…

香港・国家安全法 莫谈国事

莫谈国事 政治の話はご遠慮ください老舎の「茶館」のなかに出て来る張り紙です。清朝のころから変わらないね。「1つの国に二つの制度」 中国破りましたね。中国共産党は信じてはいけないんですよ。日中友好なんてペテンだよ。莫谈国事

三峡ダムが風水を害す

三峡ダムが風水を害す?世界最大の龍脈は腰で切り落とされた 僕たち、中医系は最初に学ぶのは陰陽と五行です。この2つの思想は中国の科学の基礎になっていますね。僕たちはそれを医学に応用していきますが、風水学では地形などに応用していきます。香港島の…

オンライン中医学教室 9月から開講

新型コロナウイルス感染症の影響で、集まって講義をすることが難しくなりました。多くの学校でオンラインによる授業にシフトしていっていますが私の教室もそうしていかなくてはならなくなりました。9月よりは基礎からの中医学教室をオンラインで準備していま…

ある日のコロナ治療

日曜日に後輩からラインがありました。頭痛、発熱、咽喉腫痛、咳が出始めたが「清肺排毒湯」はどうでしょうか?清肺排毒湯は中国でコロナ治療に使われている処方ですが、新しい処方で日本には当然ありません。腹痛や吐き気はないとのことでしたので、銀翹散…

亀に癒やされる

今では希少動物なイシガメ中国武漢で発生し、中国共産党による隠蔽工作により世界に広まってしまった新型コロナウイルス感染症のため、僕の講義はオンラインにしていかなければならず、準備で頭が混乱していましたがそれを見ていた羽田住職が哀れんでイシガ…

端午節の午時水 6月25日

端午節は台湾にはこうした風習もあります。5月5日午の刻。発音がゴーゴーゴーになります。奇数は陽に属しますので5月5日の11時から13時が陽の力が強い時刻になります。この時間帯の水を午時水と言い、飲むと力が湧き病気になりません。最強的水 全台…

夏至、端午節 夏の下痢対策

25日は端午節。(農暦の5月5日)。蒸し暑く細菌性の病が多くなる時期です。古来は細菌性やウイルス性の病は熱毒によるものと考えていました。逆に言えば端午節に作った毒は強烈です。龜の中に毒虫を入れて戦わせ、最後に勝った虫の毒が「蟲毒(こどく)」で…