漢方でなんとかしたい!

中医学講師30年。漢方や中華圏の文化とか書きます。

江東中医薬学院

月1回 中医学の講座(基礎・中薬)をしています。

夏には夏の疲れがあります 生脈散

youtu.be

変異株について中医学で考えます

またまた変異。六淫で考えると風熱邪から風湿邪(XE)へ転移してきたようです。症状も咽喉腫痛、発熱から嘔吐、下痢に変わっていくでしょう。 夏に向かいさらに暑湿になり7波は猛威を振るうでしょう。中国でも新型コロナウイルス感染で症状により藿香正気散…

頭が混乱したら帰脾湯

youtu.be

がん治療の選択

「肺がんなんだよ」と言われたのが1年前。なにか漢方でお手伝いしましょうか?と言ったが病院で漢方は止められているからということでそのまま入院されていた先輩薬剤師がこの間お亡くなりになりました。僕としてはあとは施餓鬼供養をするのみなのですが、そ…

逆流性食道炎

www.youtube.com

春困 春なのにだるくて眠い

啓蟄も過ぎ暖かくなってきました。過ごしやすい季節になったにもかかわらず、身体がだるく、眠いという症状がでる人がいます。これを「春困(しゅんこん)」と言います。 暖かくなったため血管が弛緩し身体の血流が良くなるのですが代わり脳の血流量、酸素が…

漢方散歩

アマゾンで電子書籍「漢方散歩」という軽い読み物を作りました。中医学の歴史の中のエピソードとか風習など、僕が講義で紹介した小話をまとめたものです。電子書籍は初めての経験で改良の余地は大ありですが、しばらく無料キャンペーンですので(24日から28日…

耳鳴りを治すのは難しいのだ

www.youtube.com

おせち料理 薬効解説

皆様 あけましておめでとうございます今回は正月の料理を解説していきます。年末年始は生活規則が乱れ、暴飲暴食になりやすいですが、おせち料理の中には消化を促進し、血流を良くする食べ物も含まれています。単に縁起だけで作られてはいないのが昔の人の知…

辟瘟香囊(中医香袋)

古来 中国では伝染性の病が流行ってくると芳香性の薬物を身体に付けて感染予防する芳香療法がありました。辟瘟香囊(びおんこうのう)は羌活・柴胡・呉茱萸・細辛・大黄・蒼朮の6つの生薬が処方されている香袋で 台湾の中医師 胡先生が文献から調べ紹介して…

台風の季節 体調が乱れる気象病

www.youtube.com

膀胱炎=猪苓湯というのはすっとこだ。

漢方は症状ではなく体の中の病機メカニズムから決めていきます症状で処方を決めるのはすっとこのやり方です。www.youtube.com

オンライン教室「中医学演習」

20年近く中医学教室を開催してきましたが、コロナ予防のため「対面」での教室ができなくなりました。そこで動画を利用したオンライン教室に切り替えましたが、このたび前期の改訂版を作りました。中医学の基礎理論から症例検討まで解説しています。講義内…

夏は股間が痒くなる 中医学的解消法はこれだ!

夏は蒸すため股間のかゆみに悩んでいる男性は多いです非常に治りにくく気持ちも落ち込みます。多くの人はステロイド剤を使いますが、この病気は食養生も大変重要なんですwww.youtube.com

夏は心筋梗塞、脳梗塞にご用心

発汗により血液の粘性が上がり血管で詰まりやすくなります。www.youtube.com

防風通聖散は痩せ薬ではない

製薬会社のコマーシャルや薬剤師の認識不足のせいで防風通聖散はダイエット漢方になってしまいました。非常に嘆かわしい。化膿性のニキビや蕁麻疹にも大変効果が有ると思います。www.youtube.com

コロナ禍のメンタル

不安や落ち込みなどメンタルの悩みを抱える人が多くなりました。ネットで手軽に漢方薬を買う人がいるのですが、病気のメカニズムが理解できていなく症状だけで選ぶため効果がない場合がありますね。www.youtube.com

コロナ禍での不安定なこころ

いろいろと世界が不安定な中、気持ちが落ち着かない人が多くいます。中医学の鬱証は精神科のうつ病、気分障害の診断とは異なり日常のマイナスな心の状態にも応用ができます。www.youtube.com

自然免疫と獲得免疫

自然免疫とは人間がもとより備えている免疫力で、漢方薬は自然免疫を高めます。獲得免疫とはワクチンで獲得する免疫力ですね。ようやくワクチン接種が軌道に乗ってきました。これで完璧だとは思わないでしばらくはマスクや手洗いなど、また三密を避ける行動…

梅雨の漢方薬

湿度で体調を壊す人が多くなります麒麟像は無事にお求めの方々の元に届きました。お喜びのメールやお電話を頂いていますが、霊力の強い麒麟ですので皆様幸運になられることと思います。今回は梅雨時によく中国で使われている藿香正気散(かっこうしょうきさ…

身体には「気」が流れています。

体の中には気が流れていて、そのため呼吸もできるし食べ物も消化吸収ができる。心臓から全身に血が流れるのも気が血を推しだしてくれるからです。同じ速度、方向に規律をもって気は流れます。肺の気は発散、粛降を交互に行います。これで吐いて吸ってができ…

眠れないけど眠剤は飲みたくない。最後に安眠の体操解説

眠剤に抵抗がある患者さんは少なくありません。頭がボーとしてボケるのではないかと心配される人が多いですが、ビンゴです。従来よく使われていたゼパム系は認知症になるようです。内科で気軽に処方されていたデパス錠なんかはもうすでにこれがないと不安に…

麻婆豆腐サクセスストーリー 夏の薬膳

最近 町中華が人気ですが、夏といえば[冷やし中華]もいいけれど、蒸し暑く身体がだるい時は[麻婆豆腐]です。清朝で未亡人が始めた食堂で誕生し今や四川十大名菜の1つです。今回はちょちょさんの話です。www.youtube.comにほんブログ村

専門家は症状で漢方薬を選んではいません

中医学には弁証論治という診断法が有りその手順で漢方薬を決めます。効能効果から合った処方のものを選ぶということはしていません。www.youtube.com

初めての中医学

漢方薬はどのように考えて選ぶのか?www.youtube.comにほんブログ村

十全大補鶏スープ 

台湾で寒くなると食べる薬膳鍋。十全大補鶏肉鍋です。暖かくなりますが、合わないと鼻血が出ます。www.youtube.com

コロナ不調に十全大補湯だって? 笑わせるよ。

「ナントカにはナントカ湯」というふうに短絡的に症状や病名と処方を結びつけるようになったら漢方家としては立派なへっぽこです。漢方薬紹介のテレビ番組はこの手のが多いので観ていて不愉快になるのでみません。十全大補湯は《和剤局方》は癌などの大きな…

菊花は薬です

唐の時代から菊はお茶として飲まれていました。菊花には明目と言って視力を回復する作用、頭ののぼせを取り思考をはっきりさせる作用があるので当時の文人たちに歓迎されていたようです。この菊の作用は今のコロナ禍でオンラインの作業の多くなった人達にも…

三国志の中の人物と中医学

方剤学の本を調べていたら諸葛亮孔明の作ったと言われる漢方薬がありびっくりしました。三国志の中の人物と中医関係【漢方散歩22】 にほんブログ村

癌治療に思う

僕が中国に留学していた頃は、「中西医結合」熱が盛んで、現代医学と中医学を結合させて治療をする機運が高かったです。病棟でも癌の患者さんがいらっしゃいましたが、抗がん剤や放射線治療の他に漢方薬を使っていました。現代薬の副作用を漢方薬で出ないよ…