漢方でなんとかしたい!

中医学講師30年。漢方や中華圏の文化とか書きます。

漢方でなんとかしたい!

漢方で考える病気のメカニズムについて書いていきます。

補中益気湯は栄養サプリではない

補中益気湯を気軽に勧める人は漢方知らない人。youtu.be

おせち料理を薬膳的に考えます

youtu.be

柴胡桂枝湯でメンタルを治すときのポイント

風邪がこじれたときだけの漢方薬ではありません 朝の憂鬱、原因不明の疼痛にも使います。youtu.be

コロナと桃

子供のころ 風邪をひいて学校を休むと桃の缶詰を食べさせてもらった思い出のある人も多いでしょう。古来 桃には邪気を取り去る不思議な力があると考えられていて、西王母の桃を盗み食いした孫悟空は力が強くなり 天界で大暴れするのですが、誰も彼を取り押さ…

季節性の気分の落ち込み

人間の生体リズムは外のリズムの影響を受けていて、秋から冬に日照時間が短くなると生体リズムが乱れてしまい、なぜだか悲しくなっていしまうことがあります。五志理論では秋は金行で悲しみ、臓腑では肺になります。秋冬の乾燥した空気は肺に送られ肺の水分…

不眠で使う酸棗仁湯。飲むだけではダメ。睡眠学からの養生も必要。

youtu.be

メンタルに効きます 温胆湯

youtu.be 日本ではこじれた風邪で痰がでる人に使っているけどもったいないです。

中医学でがん治療応援

クリニックではとんでも治療、薬局ではよくわからないサプリが今でも存在しています。本屋で少し前に話題になった癌の治療法、健康法、食品の本が今でも売られているか、考えてほしい。だいたいがインチキです。抗がん治療は確かに身体には負担がかかります…

コロナの漢方的自衛対策

発熱外来が長蛇の列でなかなか受診できない状況です。また陽性で自宅待機になった方も保健所からなかなか連絡がこないで不安だと思います。とくにご家族と同居をしている場合にはウツしてしまうのではないかという不安もあるでしょう。受診もできず発熱やの…

第七波

中医学の病因学説では邪気は風・寒・湿・暑・燥・熱の六邪がありそれぞれ季節性があります。この時期は湿と暑が活発になるので、第七は湿邪による吐き気嘔吐、下痢と暑邪による発熱がでてくる変異株が主流になると思います。松江堂薬局で予防の漢方を飲まれ…

後遺症と中医学

mainichi.jp 感染症が治った後も後遺症で苦しんでいる人がたくさんいます。「病み上がり」という経験をされたことが在ると思いますが、中医学では病気は正気と邪気の戦いです。とくに伝染病は邪気としては強く、治ったとしても正気はかなり消耗してしまって…

変異株について中医学で考えます

またまた変異。六淫で考えると風熱邪から風湿邪(XE)へ転移してきたようです。症状も咽喉腫痛、発熱から嘔吐、下痢に変わっていくでしょう。 夏に向かいさらに暑湿になり7波は猛威を振るうでしょう。中国でも新型コロナウイルス感染で症状により藿香正気散…

末法の世の中

いつになったら収束するのか、新型コロナウイルスに対する不安、ロシアの残虐な行為に対する怒り。国内のニュースを見ていても殺人や窃盗などが多くなってきている気がします。「見ざる言わざる聞かざる」というのはある意味心を安定に保つための療法でコロ…

気血水火弁証 トレーニング

youtu.be

がん治療の選択

「肺がんなんだよ」と言われたのが1年前。なにか漢方でお手伝いしましょうか?と言ったが病院で漢方は止められているからということでそのまま入院されていた先輩薬剤師がこの間お亡くなりになりました。僕としてはあとは施餓鬼供養をするのみなのですが、そ…

漢方散歩

アマゾンで電子書籍「漢方散歩」という軽い読み物を作りました。中医学の歴史の中のエピソードとか風習など、僕が講義で紹介した小話をまとめたものです。電子書籍は初めての経験で改良の余地は大ありですが、しばらく無料キャンペーンですので(24日から28日…

カゼとコロナは違います

中医学でもコロナのような伝染性の強いものと普通カゼとでは分けて考えます。今でもコロナはカゼだ。ワクチンは毒だ、マスクは邪魔だと言っているグループがいますが、そういう人たちはなんにでも政府がやることに不満がある人達のような気がします。伝染性…

おせち料理 薬効解説

皆様 あけましておめでとうございます今回は正月の料理を解説していきます。年末年始は生活規則が乱れ、暴飲暴食になりやすいですが、おせち料理の中には消化を促進し、血流を良くする食べ物も含まれています。単に縁起だけで作られてはいないのが昔の人の知…

辟瘟香囊(中医香袋)

古来 中国では伝染性の病が流行ってくると芳香性の薬物を身体に付けて感染予防する芳香療法がありました。辟瘟香囊(びおんこうのう)は羌活・柴胡・呉茱萸・細辛・大黄・蒼朮の6つの生薬が処方されている香袋で 台湾の中医師 胡先生が文献から調べ紹介して…

清朝宮廷で皇帝が使っていた若返りの処方

清朝 光緒帝が飲んでいた処方の中には枸杞子と覆盆子の組み合わせがあります。皇帝にとっては跡取りが大事でしたので生殖能力を改善するためだったでしょう。枸杞子と覆盆子が処方されている五子衍宗丸は睾丸機能を改善する作用がります。枸杞子と覆盆子は西…

カゼとコロナは違います

コロナはカゼだとまだ言っている人がいるようですがそれは間違いです。カゼは上気道感染と言われ悪寒発熱、頭痛、鼻水などの症状を伴いますが、安静にしていれば2,3日で回復します。またカゼは罹る人、罹らない人がおり、症状も人により異なります。しかしコ…

膀胱炎=猪苓湯というのはすっとこだ。

漢方は症状ではなく体の中の病機メカニズムから決めていきます症状で処方を決めるのはすっとこのやり方です。www.youtube.com

デルタ株

前回のブログにも書きましたが、中医学で感染予防に貢献したい多くの中医学を専門医している医師、薬剤師の希望です。先日、日本中医薬研究会、日本中医薬学会によるコロナ感染症の勉強会がオンラインで開かれました。これらは医師、薬剤師の団体です。その…

収束しそうにありません!

ワクチンは希望の光でしたが、接種しても新しい変異株は感染力が強く、安心はできません。引き続き「3密」は避けるべきです。しかしお盆の人手をみていると「3密」という言葉が非常に虚しくなります。少し前は「夜の仕事」が感染の原因でしたが、今は「家…

夏は股間が痒くなる 中医学的解消法はこれだ!

夏は蒸すため股間のかゆみに悩んでいる男性は多いです非常に治りにくく気持ちも落ち込みます。多くの人はステロイド剤を使いますが、この病気は食養生も大変重要なんですwww.youtube.com

夏は心筋梗塞、脳梗塞にご用心

発汗により血液の粘性が上がり血管で詰まりやすくなります。www.youtube.com

防風通聖散は痩せ薬ではない

製薬会社のコマーシャルや薬剤師の認識不足のせいで防風通聖散はダイエット漢方になってしまいました。非常に嘆かわしい。化膿性のニキビや蕁麻疹にも大変効果が有ると思います。www.youtube.com

コロナ禍のメンタル

不安や落ち込みなどメンタルの悩みを抱える人が多くなりました。ネットで手軽に漢方薬を買う人がいるのですが、病気のメカニズムが理解できていなく症状だけで選ぶため効果がない場合がありますね。www.youtube.com

コロナ禍での不安定なこころ

いろいろと世界が不安定な中、気持ちが落ち着かない人が多くいます。中医学の鬱証は精神科のうつ病、気分障害の診断とは異なり日常のマイナスな心の状態にも応用ができます。www.youtube.com

自然免疫と獲得免疫

自然免疫とは人間がもとより備えている免疫力で、漢方薬は自然免疫を高めます。獲得免疫とはワクチンで獲得する免疫力ですね。ようやくワクチン接種が軌道に乗ってきました。これで完璧だとは思わないでしばらくはマスクや手洗いなど、また三密を避ける行動…