松江堂薬局の漢方でなんとかしたい!

中医学講師30年。漢方や中華圏の文化とか書きます。

漢方でなんとかしたい!

漢方で考える病気のメカニズムについて書いていきます。

子供の微熱が続くのをなんとかしたい

気虚発熱 坊やがお母さんに連れられてご相談に来られました。近隣の小児科からの紹介です。小学校高学年の男の子ですが、痩せていて顔色が悪く疲れている様子。お母さんは逆に元気で陽気です。以下、喋らない男の子に替わりお母さんの代術です。学校から帰っ…

仏教と漢方(3)天王補心丹

喀血と悲しみ 症例 60代女性 主訴 先月より喀血 現病歴 先月、咳をしたら喀血をした。量はティッシュに付く程度だが、繰り返すので病院に行った。診断は「気管支拡張症」ということでクラリスで投薬治療中。早く治して孫と遊びたいということでご相談。カ…

パソコンの字が見えないのをなんとかしたい!

老化による視力の低下 はっきり見えない、ショボショボする、涙目ネットの注文で月餅の数間違えて注文しました。銀行で税金の振り込み証、金額の欄、数字移し間違えました。どうやら目がショボショボしてよく見えていないようです。同級生の間でも「目」が辛…

家庭で作れる簡単な経口補水液

今週のお題「残暑を乗り切る」「脱水しないように水分を摂ってくださいね」 夏の間 よく聞かれる言葉です。しかしこの言葉を真に受けて冷たいものを飲みすぎれば「胃」は冷えてしまう上、多量の水は胃の消化能力をオーバーしてしまい胃袋に水が溜まったまま…

こころと不妊

形神合一論 中医心理学の基本に「 形神合一論」があります。形(身体)と神(精神)はお互いが関係しあっていて分けることはできないということです。人は身体だけ、精神だけ、ということはありえなく、この2つが一緒になって生命活動は維持できます。明代…

夏の滝汗 心臓注意報 狭心症 心肥大

汗は心の液 暑いと体温を調整するため汗をかきます暑い夏に汗をかくのは生理現象なのですが、中医学では「汗は心の液」といっています。汗をかかせるためには血液の循環を早くしなければならず心臓には負担がかかります。血液中の水分は汗として外に排出され…

更年期の身体のほてりをなんとかしたい!

陰虚火旺 鍋の中に水が少ししか入ってないとすぐに沸いてしまいます。更年期のほてりはこれと同じです。 体の中の水の管理をするのは「腎」です。ここで指す水とは体液の他にホルモンなども含むのだと思いますが、腎は歳とともに衰えます。 ちょうど更年期の…

なんと徳川家康は医者だった!

御笠間薬(おんかさまやく) 家康が出陣にあたり、暑気あたりや霍乱よけに藿香や益智、乾姜を配合した薬を笠の裏に隠して用いていました。また寛中散、銀粒丹、真効油、万病丹など自分で調整し配下の諸侯に分け与えていました。江戸時代は医学が発達しました…

落語 千と千尋の神隠し 惚れ薬「いもりの黒焼き」

いもりの黒焼きの作り方 いもりは性淫らにして好く交わる。深夜丑時に至り多くを出す。土人其時を候して之を取り、水中に蓄う。俗に云う。その交合するものを取り、雄と雌を山を隔てて之を焼き、以て媚薬と為す。壮夫争うて之を求む 《和漢三才図会》 必ず交…

岐阜でまた豚コレラ 38例目  3000頭超殺処分へ(産経新聞)

中医学 飲食不節 病因学説の中の「飲食不節」ではその中に「不衛生な飲食」を挙げています。 穢らわしき飯、腐った肉、臭い魚、これを食せば皆人を傷つける。 六畜の自ずと死すは、皆疫死にて、有毒なり、之を食すべからず。《金匱要略》 傷寒論・金匱要略を…

眠くてたまらない

不眠の逆を嗜眠といいます 朝は活動(陽)・夜は静止(陰)と考えるのが陰陽睡夢論の基本ですなかなか寝付かれないのは陽から陰への移行がスムーズに行われないからですが、逆に眠くなってしまうのは昼間、陽がなかなか大きくなれないからですね。黒いのが陰…

JKの慢性頭痛、眩暈をなんとかしたい!

ある日の漢方相談 女子高校生の慢性頭痛です。頭痛についてはこのブログでもよく紹介しています。慢性の場合には急性と異なり治りにくくまたいろいろな原因があるのです。彼女の場合は弁証は簡単でした。顔色は萎黄で唇の色も薄いです。中医学診断で「一黄五…

月経前緊張症候群(PMS)と「気」の流れ

月経前緊張症候群(PMS)は「気」の流れ停滞 身体の中には気が流れています。ちょうどJRの路線図のように流れる方向、速度も決まっています。特に肝臓から出ている路線(経絡)は足の親指の爪の生え際から起こり、図のように頭まで続く、身体を下から上ま…

高血圧が心配だ。漢方でなんとかしたい!

高血圧症や糖尿病。漢方薬を希望される方々も多くなっています。 昔は糖尿病は消渇と言って喉が渇く、お腹が空く、尿が近いとい症状から漢方薬を決めていました。高血圧も同じです。眩暈がある、動悸がある、耳鳴りがするなどの症状から決めていました。こう…

高齢出産 元気な赤ちゃん生みたいですよね 胎児から見た漢方薬

腎精、楽ありゃ苦もあるさ。 男女とも腎には「精」という生命エネルギーを持っています。この精は生命活動を維持していくために使われていきますが、日常のストレスやハードワーク、睡眠不足、病気などで加速して減っていきます。腎の精は30歳くらいでピーク…

Q4 お兄さんの若ハゲをなんとかしたい!(加筆)

髪を血余(けつよ)と言います。 髪は「血の余り」であり、血の病変は髪に現れます。血液不足気味の女性は髪が細く抜けやすく艶がありません。お年寄りで髪が細くなったり抜けてくるのは加齢による生命エネルギーの消耗、早い話が老化現象です。 しかし若い…

原発性肋間神経痛を漢方でなんとかしたい!

原発性肋間神経痛の原因はストレスが多いらしいですね。 タクシーの運転手さんがしかめっ面で相談に来られたことがあります。 体の気の流れが緊張して渋滞してしまいました。1ヶ月前から脇が痛くなり整形で肋間神経痛と診断されました。投薬治療されていま…

手術後の傷口の痛みをなんとかしたい!

草民、草薬。 中国の古代劇観ていると、「草民」という言葉が出てきます。草の民。下々の人間の意味ですね。同じように下々の薬草があります。名もなく「本草書」の中には記載がありません。本草書に記載がなければ単なる民間の草で医者は使いません。日本で…

眠れないのをなんとかしたい! イスクラ産業 晶三仙

焦三仙の話 「第4回 スピリチャルの好きな心理臨床家の会」ではイスクラ産業様のご厚意で受講者に「晶三仙」サンプルをプレゼントして頂けることになりました。 晶三仙はイスクラの商品名で本当は「焦三仙」と言います。胃にもたれやすい漢方薬や食べ物で「…

頭痛の種の偏頭痛をなんとかしたい。(加筆)

偏頭痛で苦しんでいる人はたくさんいます。生活の中の誘発因子にはどのようなものがあるのでしょうか?1)ストレスが誘発因子としては断トツです。やはりストレスマネージメントのできない方に発作の回数は多いようです。また男性ではパソコン作業時間の延長…

汗がとまらないのをなんとかしたい! 自律神経失調症? 更年期?

汗はこころの汗なのだ! 汗の悩みは本当に多いですが、原因は簡単ではありません。体質もあるし精神的なストレスもあるし原因は様々です。患者さん 50代 女性 会社員 数年前より汗が滝のように出てしまう。内科では自律神経失調症、婦人科では女性ホルモン…

夏の漢方薬の感冒薬

中医学の掟 因人因地因時制宜 これが漢方の掟である 人の体質、年齢、性別 地理的条件、気候条件、その土地の生活習慣 季節の気候以上の条件により同じカゼでも使うべき処方は異なってくるのです。 日本ではポピュラーな葛根湯ですが、今から1900年も前…

夏の下痢をなんとかしたい!

夏は下痢が多いのですが、中医学では「消化管に余分な水」が停留していると考えます。ですから「水分を調整して大便を固める」というのが治療の基本です。単純に大腸の動きを止めてしまえば大腸の細菌は排泄されることなく大腸で繁殖してしまい症状は悪化し…

夏の陰嚢湿疹をなんとかしたい!

梅雨になり蒸し暑くなると男性は股間が痒くなり悩まされます。 数年越しの股間や陰嚢の掻痒に悩まされてる方も多いですね。陰嚢の耐えがたい痒みは所かまわずで男性の生活の質を低下させ気分を暗くさせます。 皮膚科ではかゆみ止めのスレロイド剤が処方され…

続・陰陽いろいろ あともう少しの不妊症相談

人間の陰陽の交わる点は男性だと前立腺、女性だと子宮だと前にブログで書きました。体質や加齢で陰陽が減少している状態では卵子、精子の成長・受精する能力・着床する能力・受精卵が育っていく能力が弱いのです。 以前は生理が来なくなり尿検査で(+)がで…

Q41 玉の痒みをなんとかしたい!

陰嚢搔痒症は陰嚢湿疹ではないのに陰嚢が痒くなる病気です。がぶれが原因で起こる湿疹とは違うので抗ヒスタミン剤やステロイド剤を使用しても治りません。治らないので当然長く悩まれている方が多くなります。 陰嚢の耐えがたい痒みは所かまわずで男性の生活…

続・続 陰陽いろいろ 女性ホルモンいろいろ Q19 高温期をなんとかしたい!(加筆)

高温期は14日以上。体温は36.7! ルティナス膣錠は化学合成されたホルモン剤に比べ安全性の高い天然型ホルモン剤です。ご承知のように内服ではなく膣坐薬で、成分はプロゲステロン(黄体ホルモン)で、受精卵の着床や妊娠の維持する作用があります。生…