松江堂薬局の漢方でなんとかしたい!

中医学講師30年。漢方や中華圏の文化とか書きます。

本日 土用の丑の日

うなぎ 直辰
ジャンル:うなぎ
アクセス:JR総武本線(東京-銚子)亀戸駅北口 徒歩1分
住所:〒136-0071 東京都江東区亀戸6-60-5(地図
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 亀戸×うなぎ
情報掲載日:2019年7月24日


美味しい鰻が食べたいですね。うちの薬局の通りにある鰻屋さん「直辰」があります。日本産の鰻しか出しません。僕はときどきランチの鰻丼を食べに行きます。

1200円です。ランチは11:30~13:00 水曜日(休)美味しいです。ランチなので量が少ないですが、もちろんうな重もあります。

小さい裏通りにある鰻屋さんで、ときどき扉が開きませんが、おばさんが出てきて開けてくれます。

f:id:matsuedo:20190707121816j:plain
ランチ鰻丼 1200円

蒲焼きの語源は蒲の穂の形から来ていますが、昔はそのまま串刺しにして食べたので蒲の穂に似ていたらしいです。今のような形になったのは江戸時代からです。ちなみに中薬学では蒲の花粉、蒲黄を止血剤として使います。古事記に出てくる因幡の白兎で大国主の命が薬として蒲の穂(花粉)を使っておりこれが我が国の薬物記載の第一号になります。

f:id:matsuedo:20190726163157j:plain
蒲の穂。鰻をそのまんま串刺し

未の月は疫病が流行りやすいので、京都の祇園祭でお祀りするのは牛頭天王です。未の対角線上にある丑で抑え込む形ですので、鰻でなくとも牛肉でも可能です。牛丼もあり。

www.kameido-kanpo.com