松江堂薬局の漢方でなんとかしたい!

中医学講師30年。漢方や中華圏の文化とか書きます。

妊婦のための中医心理学的胎教の知恵 (多動の子供にならないために)(こころと漢方)

「妊娠しました」という電話をいただきました

よかったですね。この方は先週どうも妊娠したらしいという連絡を受けていたのですが病院で妊娠と診断されたのです。

早かったですね。漢方薬を飲み始めてから3ヶ月経っていないで妊娠しました。漢方薬が良かったと言うより「運」もあります。僕は患者さんの妊娠力を上げる手伝いをちょっとしただけです。

ただこの患者さんの場合には以前流産をされているので油断はできません。流産予防のための漢方を安定するまでは飲んだほうがいいでしょう。

f:id:matsuedo:20190731142914j:plain

妊娠してから大事なのは流産予防だけではありません。

丈夫で肉体的にも精神的にも健康な赤ちゃんを出産するための「胎教」について考えましょう。

(1)精神の調和

感情の大きな起伏は妊婦と胎児の心身の健康によくありません。

安らかで静かであることはすなわち胎教である。もし気血が調和すれば胎児は安定し、気が逆流すれば胎病(小児てんかん)となる。怒りは気を閉塞し、肝臓の気が上に上がれば嘔吐、鼻血になる。・・・いい子を生みたいのならまず気を養うべし。気を養えばその子は性情は温和になり従順、ひねくれた性格にはならない。《葉氏竹林女科》葉天士・清

最近問題の「多動」ですが、これも母体のストレスや緊張が胎児の気の流れを逆流させてしまうために起こりおます。妊娠中はストレスや恐怖映画、ジェットコースターはダメです。

(2)外象内感

胎児は母体の中にあっても母親に随って声を聴いています。

美しい環境、花、抑揚のあるきれいな旋律の音楽などはよい心理状態を作り出し妊婦にとって非常に大切です。

妊娠三ヶ月目を始胎といい、この時期は血が流れず胎児の形がはじめて現れるが、まだ男女の差は定着しておらず、妊婦の見るものによって変化する。・・・子が美しく端正であることを望むならば、白い珠や美しい珠をしばしば眺め、善良にして徳がある子を欲しいと思えば邪悪なものを見ることも聞くことも避ける。これらはすべて周囲の外象によって変化するものである《諸病源候論》巣元方・隋


【大定番】妊婦さんの為のBGM 胎教にいい音楽 お腹のお子様に聴かせてあげてください。

(3)性欲を節制する

この時期はしばらく(妊婦と夫は)別の所に離れ、七夕の牽牛と織姫のように天の河を隔てているのが好い。李梃・明

妊婦は陰陽交合(性交)をしてはいけない。これは欲の火を触れ動かすからである《女科集略》

嗜好欲が過ぎるのはよくなく、妊娠三か月前にこれを犯すと胎児を動かし三か月後にこれを犯せば子は長生きできないと述べています。

研究では妊娠二、三か月は頻繁な性交は流産を引き起こしやすいことが証明されています。

(4)言行は端正で重々しく

「孟母三遷の教え」をご存知でしょうか? 

※《「古烈女伝」母儀・鄒孟軻母から》孟子の母は、はじめ墓場のそばに住んでいたが、孟子が葬式のまねばかりしているので、市場近くに転居した。ところが今度は孟子が商人の駆け引きをまねるので、学校のそばに転居した。すると礼儀作法をまねるようになったので、これこそ教育に最適の場所だとして定住したという故事。教育には環境が大切であるという教え。また、教育熱心な母親のたとえ。三遷の教え。


童話故事【孟母三遷】

古人は孟母を高く評価して、妊娠時には目に悪色を視ず、耳に淫声を聴かず、心に妄想をせず、礼にあらざれば視ることなかれと言っています。

実はこのことは妊婦は心して言行の修養を行うべきだと言っているのです。この結果が胎児によい影響を及ぼすのです。


にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村