松江堂薬局の漢方でなんとかしたい!

中医学講師30年。漢方や中華圏の文化とか書きます。

国際中医師試験解説(中薬学)35

[平肝潜陽・息風薬]

問233 羚羊角の主治病証に属さないのはどれか?

A 肝陽上亢、頭痛眩暈
B 肝火熾盛(かんかしせい) 目赤腫痛
C 高熱狂躁 痙厥抽搐(けいけつちゅうちく)
D 熱病傷陰 虚風内動
E 温病壮熱 神昏譫言
[解答] D
熱病傷陰 虚風内動の陰虚生風で用いる場合には補陰薬を配合しなければならない。

問234 石決明と決明子の共通効能はどれか?

A 清肝明目=石決明・決明子
B 平肝潜陽=石決明
C 息風止痙
D 潤腸通便=決明子
E 清熱息風
[解答]A
石決明(ミミガイ科アワビ類の貝殻)は平肝潜陽薬。息風薬ではない。

問235 石決明と羚羊角の共通効能はどれか?

A 平肝潜陽・収斂固脱
B 平肝潜陽・息風止痙
C 平肝潜陽・清肝明目
D 平肝潜陽・涼血止血
E 平肝潜陽・清熱解毒
[解答]C
羚羊角は平肝息風薬。痙攣を止める薬物。肝火上炎による目赤に用いる。

問236 脾胃気虚、痰湿上逆による嘔吐噫気(あいき)、心下痞満を治療するのに、常に旋覆花と配合する薬物はどれか?

A 代赭石 赭=あかつちの意味
B 桑白皮
C 天南星
D 白芥子
E 桔梗
[解答]A
代赭石は降逆作用。

問237 肝風内動、驚癇抽搐(きょうかんちゅうちく)の治療に寒熱虚実を問わず使用できる薬はどれか?

A 地竜
B 羚羊角
C 天麻
D 釣藤鈎
E 牛黄
[解答]C
天麻(ラン科オニノヤガラの根茎)
平性なので寒証、熱証どちらにも使える。

問238 肝風内動だけでなく肝陽上亢も治療する薬はどれか?

A 代赭石
B 石決明
C 全蠍
D 蜈蚣
E 天麻
[解答]E
息風止痙=肝風内動による驚風抽搐証に常用。
平肝潜陽=肝陽上亢による眩暈、頭痛に用いる。

問239 瘰癧痰核、肝脾腫大の治療に選ぶべき薬はどれか?

A 石決明
B 牡蛎
C 磁石
D 竜骨
E 代赭石
[解答]B
牡蛎は平肝潜陽薬。軟堅散結作用あり。竜骨は安神薬。収斂固渋作用で牡蛎とは逆の作用。

問240 清熱息風、平喘、通絡、利尿の効能を有する薬はどれか?

A 石決明
B 天麻
C 釣藤鈎
D 地竜
E 羚羊角
[解答] D
地竜は平肝息風薬。補陽還五湯の地竜は通絡。

f:id:matsuedo:20190706161754j:plain