松江堂薬局の漢方でなんとかしたい!

中医学講師30年。漢方や中華圏の文化とか書きます。

北風と心臓

狭心痛

冬は狭心症の発作が起こりやすい季節です。

f:id:matsuedo:20190918181039g:plain

冷気は血管を収縮させます。

中医学の体質論では、体質によってなる疾病が異なります。

同じカゼでも熱象の人は高熱や喉の痛みが中心、寒象の人は悪寒や頭痛、鼻水が中心になります。

胸のあたりが冷えている(心陽不足)体質の人は血流が悪く狭心症になりやすくまた冷気に弱いです。

寒い北風が胸に当たると血管は収縮して胸の痛みがでてきます。

12月に向かい、寒くなってきたら外出時にはコートなどで胸をガードしておくことが大切です。

もし胸痛が出てしまったら、温めましょう。

この場合、ホカロンで温めるだけでは不十分で、寒さ(寒邪)を散らす方法を考えます。

一番簡単なのは、熱いお酒(日本酒熱燗、焼酎、ウィスキーのお湯割り)です。

これらを飲むとじっとり汗をかきますが、この方法で寒邪を散らします。

カゼのとき汗をかかせて治すのと同じ理由です。

このブログを書いた人⇒
https://www.kameido-kanpo.com/matchy
漢方相談のご予約⇒
https://www.kameido-kanpo.com/kanpou

www.kokuchpro.com


にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ
にほんブログ村